千葉 真光寺住職 岡本 和幸

 

私は四月より、公益社団法人シャンティ国際ボランティ会の専務理事に就任しました。

本会は、タイ、ラオス、カンボジア、ミャンマー、ミャンマー難民事務所、ネパール、

アフガニスタンのアジア七ヶ所に現地事務所を持ち、日本人職員を派遣し、現地の職員

を採用して、小学校の建設、絵本を送る運動、現地での絵本の製作、教員の養成、図書

館の建設や運営支援、災害地への緊急救援活動などを行っています。シャンティとはイ

ンドの言葉で、慈悲とか平和という意味です。平和な人の営みを実現するには、子供の

教育の機会を平等に提供し、情報に敏感に、そしてそれを正しく捉え考えることのでき

る人材を育てていく他に道はないという信念の元に活動しています。元の名前を

「曹洞宗国際ボランティ会」といい、インドシナ難民問題が発生した時に、遠い国でお

金の支援だけをしていればいいのかという自問から、曹洞宗の僧侶有志が設立し、

創立三十五年、国内最大級の国産ボランティア団体になりました。

真光寺で樹木葬会員さんと絵本を送る運動を行いました。

アジアでは経済発展から取り残された地域や人が大勢いて、都市部においても相変わ

らず新しいスラム地区を形成し、貧困に喘ぎ学校に行けない子供達がたくさんいます。

ミャンマーでは内戦が続き、今でも戦災孤児が発生し、ネパールでは民主化したばかり

の政府が機能せず、震災からの復興への道のりは険しいものがあります。専務理事とし

て百六十人の職員と事務所内を統括し、国内の募金や、海外事務所の視察、監査など、

仕事は山積みです。お坊さんの仕事にも色々あるのです。ホームページなどをご参照

いただき、ご賛同いただける方は是非ご協力をお願い致します。

※シャンティ国際ボランティア会のホームページ
http://sva.or.jp/