奈良 如意輪寺住職 加島公信

 

 浄土宗の宗祖、法然上人の最も大切なお歌を今回は御紹介しようと思います。

そのお歌は、(月影の いたらぬ里はなけれども 眺むる人の 心にぞすむ)です。

このお歌は阿弥陀如来様の慈悲の光を、お月様の光に例えられたお歌です。

よく晴れた満月の夜に、夜空を見上げて見ますと、それはそれは綺麗なお月様を見ることができ

ます。

このお月様の光は、どんな人にも、どんな所にも分け隔てなく当てられています。

それは、男の人でも、女の人でも、小さい子供たちでも、大人でも、都会でも、

田舎でも、山でも、海でも誰でも、どこでも同じです。

この月の光と同じように、阿弥陀如来様の私たちを救ってあげようと言う慈悲の光明は、

だれにも、まったく区別する事なく、注がれています。

しかし、綺麗な綺麗なお月様も、夜空を見上げなかったらその美しさに気づく事ができません。

それと同じように、阿弥陀如来様が私達を救ってあげようと差し伸べて頂いているお心に

気付かなかったら阿弥陀如来様もどうする事も出来ないのです。

いつもいつも、私達は阿弥陀さまに見守られている事を忘れないで下さい。と伝えて

頂いたお歌です。

法然上人の歌のコピー