樹木葬・桜葬、尊厳ある死と葬送の実現を目指す市民団体NPO法人エンディングセンター。エンディングセンターの樹木葬・桜葬墓地は市民が生活者の視点で企画、実現させたお墓です。

書籍のご案内

  • HOME »
  • 書籍のご案内

町田事務所・関西事務所・スペースゆい・講座の時に販売しています。

 

 

endingnote

エンディングノート

価格 800円+税
もしものときに備えてあなたの想いを記しておくエンディングセンター編集の「エンディングノート」ができました!
『便利帳』発行から11年。ご好評いただいた『便利帳』の「死後の事務手続き一覧」もあります。
さらにこの『輝いて生きるための エンディングノート』は終活を考え始めた方にもわかりやすくできています。
「終活のためのチェックリスト」を参考にしてまずは記入しやすいところから書き始めてみてください。
A4判36ページ。

img_12

桜葬―桜の下で眠りたい

著者:井上治代・エンディングセンター
出版社:三省堂
価格:1,600円(本体)+税
内容:皆さま、もうお読みになりましたか?
「あなたが生きたこと、桜は忘れない」
このメッセージに込められた桜葬への想いとは!
「桜葬」の理念はもちろんですが、桜葬を求めた人々の手記が、会員の方々やこれからお墓について考え始める人に共感と感動を巻き起こしています。

img_11

よりよく死ぬ日のために

著者:井上治代
出版社:イーストプレス社
価格:1400円(本体)+税
内容:子どもからよくわかる、初の「葬送入門」の書!
(「よりみちパン!セ」シリーズ)
死ぬ日まで、あと何日?―
1人がより良く生きるためにある、「死」という営み。いつか、かならず訪れる「その日」の前に学んでおきたい、葬式とお墓のこと。日本の葬送儀礼の成り立ちについて、この上なくわかりやすく、丁寧に説きつつ、私たちの死の受け入れ方とそのゆくすえをさぐっています。

img_01

新・遺言ノート

著者:井上治代
出版社:ベストセラーズ
価格:2,800円(本体)+税
内容:書き込み式の保存版「遺言ノート」と実例が満載の手引書「上手に書くために」の2冊セット。

img_08

墓をめぐる家族論 : 誰と入るか、誰が守るか

著者:井上治代
出版社:平凡社
価格:680円(本体)+税
内容:あなたが死んだら、誰がお墓を守ってくれますか?
もし「あなたと一緒のお墓はいや」と妻に宣告されたらどうしますか?
そもそもお葬式やお墓は、自分の「人生」の一部なのでしょうか?
樹木葬、生前契約、遺言ブームなど、「死後の自立」をめぐる大変動を通して日本の家族のこれからを考える。
ついにお墓が動き出す?
揺らぐ家族と社会の根っこに迫る。

img_07

子の世話にならずに死にたい
: 変貌する親子関係

著者:井上治代
出版社:講談社
価格:720円(本体)+税
内容:介護、葬式、そして墓…「娘だけ」の家ではどうするか?
自由葬を行うには?
夫側の墓に入りたくない!
継承者のいらない墓とは?
老後と死後の自立のために。
実行のための関係団体連絡先リスト付き。

 
Copyright © 認定NPO法人エンディングセンター All Rights Reserved.