樹木葬・桜葬のエンディングセンター(東京・大阪)

 menu 

全国向け桜葬

日本各地の人が、東京と大阪の桜葬墓地に
全国向け桜葬

「ぬくもりのある最期」を求めて

理事長・井上治代が各地で講演し、跡継ぎ不要で、“ぬくもりのある最期”をめざした「死後のサポート」まである「桜葬」の話をすると、「自分の住んでいる近くにはそういったシステムがない」と、落胆する人が多く見受けられました。

また、お墓の近くの人でさえ、頼めるような親戚がいなくて「遺骨を持ってお墓まで埋葬に行けない」という人も増えています。

「桜葬」墓地に全国の人々が集結

すでにエンディングセンターの桜葬墓地には、北海道から沖縄までの、いわゆる圏外と思われる地域からの申し込みが200件(3,400件中)以上あります。

「全国向け桜葬」のシステム

そこで、日本の各地にお住まいの方が、エンディングセンターの桜葬墓地(東京・町田、大阪・高槻)をよりご契約しやすいシステムをつくりました。

エンディングセンターが提供する「桜便」
桜葬墓地までご遺骨を持ってこられない人のための、遺骨輸送サービスが「桜便」です。ご遺骨の郵送、スタッフによる埋葬を行います。また、郵送ではなく、エンディングセンタースタッフが現地まで行ってご遺骨を移送することもできます。

電話で申し込み 専用の「郵送キット」が到着したら、
エンディングセンターへ送る
お預かり

 

日本各地にお住まいの方でも大丈夫!

生前に、桜葬墓地の契約と、遺骨の移送方法を決めておきます。死後サポート契約によって、葬儀や死後事務、埋葬等をエンディングセンターに依頼することもできます。下記【1】か【2】を選択します。
 
 
 

【1】 遺体の引取・葬儀
(1) 地元の縁者が行う 
(2) エンディングセンターと「死後サポート契約」を締結する。エンディングセンターは、居住地の葬儀社を選定し、その葬儀社に喪主の立場で、ご遺体の引き取りや火葬を依頼し、見届ける。
【2】 遺骨の移送・埋葬
(1) 地元の縁者が、エンディングセンターから、遺骨を移送する専用の【桜便】キットを取り寄せ、「セキュリティゆうパック」で返送する。受け取ったエンディングセンターが埋葬まで立ち会う
(2) エンディングセンターと「死後サポート契約」を締結する。エンディングセンターのスタッフが居住地まで遺骨を取りにうかがい、桜葬墓地まで運び、埋葬に立ち会う。
【3】 死後事務等
(1) 地元の縁者が行う
(2) エンディングセンターと「死後サポート契約」を締結し、エンディングセンターのスタッフが行う。

お墓は下記の「桜葬」から選ぶ

■東京都町田市・町田いずみ浄苑内 エンディングセンター桜葬墓地


「詩桜里」(しおり)1人40万円~


「木もれ陽」(こもれび)1人20万円


桜の里「あさ陽の丘Ⅱ・お墓のシェアハウス」(注) 1人25万円
桜の里「あさ陽の丘Ⅰ」1人50万円~
桜の里「あさ陽の丘Ⅱ」1人70万円~
桜の里「森の精」1人70万円~
(注)桜葬の1区画(4人用)を、シェアして入るタイプのお墓。

■大阪府高槻市・神峯山寺開成院霊園内 エンディングセンター桜葬墓地


共同区画「宙(そら)への庭」1人20万円


個別区画「空の音」ほか、1人40万円~

ページ上部へ戻る