樹木葬・桜葬のエンディングセンター(東京・大阪)

 menu 

安心プラン(生前死後サポート)

おひとりさまでも、安心サポート
モデルなき少子・高齢・無縁社会をどう生き抜くか、
家族に代わる生前と死後サポート
 
 
 
 

エンディングセンターの理念

・尊厳ある生と死と葬送の実現をめざす
・墓を核とした結縁 ― 家族を超えた絆づくり(墓友)
・家族機能の弱体化 ― 家族に代わるサポートシステム

死者の人権

人間は例外なく死ぬ。そしてあらゆる動物の中で唯一、遺体を葬るところにその特徴があります。したがって葬られるところまでが人間としての尊厳(死者の尊厳)であるといえるでしょう。

しかし、当然のことながら死者本人には、自分の遺体の処理はできません。それを担ってきたのは、「遺族」と呼ばれる人たち。「死者と遺族」という関係性があって、人間特有のこの営みも成立してきました。

いま、この「死者と遺族」の関係が刻々と変化を見せています。究極は、死後の葬儀や事務処理を行う「遺族を確保できない人々」の増加です。

死後の福祉

これまで法律や福祉は死者を対象とせず、わずかにあるのは「生活保護法」による葬祭費の給付と、「行旅病人及行旅死亡人取扱法」による措置(*)です。

ところが現在増えているのは、葬祭費もあり、身元もはっきりしているが、死後のことを託す者がいないケ ースであって、先の2つの法律の範疇を超えた、既存の法律が想定していない事態が進んでいるのです。これが放置されれば、人間らしく死ぬ権利が侵されかねません。

*旅行中の死亡者や住所・氏名の不明な死亡者のうち、引き取り手のない者に関して、死体があった市区町村長の責任において埋・火葬が行われています。

合同祭祀(桜葬メモリアル)

毎年、桜の咲くころに、生者も死者もみな、桜の下に集まって合同祭祀を行います。家族がいても、いなくても、みなで祭祀されるので、おひとりの方も安心!「また来年、元気でお会いしましょう!」といった声が飛び交っています。

“ぬくもりのある最期”安心プラン

安心プラン(エンディングサポート)には、生前サポートと、死後サポートがあります。

生前サポート

エンディングセンター(EC)は、家族のような立場に立ってサポートをします。見守り・通報サービスに関しては、居住地の公的サービスを中心に、場合によっては民間サービスも取り入れ、ECは何かあった時の連絡先となります。

また希望があれば、財産相続に関する遺言作成やその執行などにも関わったり(相談・専門家紹介・遺言執行)、入所・入院の保障や付添いも行います。

また、判断能力が亡くなった時の任意後見を、ECは組織とて受け入れて、ECに登録してくださっている専門家が実務を担います。

死後サポート

お子さんのいないご夫婦や、おひとりの方のために葬儀、死後事務(年金やガス・水道・電気の停止等)や、部屋の後片づけ、埋葬、死亡通知の送付のほか、死後に自分ではできないことを完了できるように手配したり、代行したりしています。

ECが喪主を代行する場合と、夫婦の一方が亡くなり喪主となる配偶者が高齢などの場合、その方をサポートする喪主サポートがあります。

それは、「生前」に法的な「契約」をしておくことによって可能になります。また、喪主となるお子さんがいらしても、生前に自分の意志で準備をされておきたい人のために「葬儀の生前予約」の紹介やアドバイスも行っています。

ページ上部へ戻る