樹木葬・桜葬のエンディングセンター(東京・大阪)

 menu 

「満足よ」という 亡き母の声が聴こえる まつばらけいさん(会員)

先日、東京都町田市にある「町田いずみ浄苑」の桜葬墓地に、母と、医療過誤で30年以上前に生後2日で亡くなった弟を一緒に納骨することができました。
「やっと」というか「ついに」というか…。
母の遺骨は1年余り家に安置してありました。

母の死が間近に迫ったとき、母が思い残している弟の墓をどうするかということを話し合い、エンディングセンター代表の井上治代さんに相談したところ、ガーデニングが趣味の母は樹木葬に心ひかれたようでした。

母が亡くなった後、見学会やミニ講座に参加
し、「桜葬」とする家族の意思が固まりました。お参りされる方々に負担の少ない首都圏で、希望通りの樹木葬となり、母の「満足よ」という声が聴こえるような気がしました。

桜の花には私たちにも特別な思い出があります。母と最後に見た千鳥ヶ淵の桜吹雪。母が日赤医療センターを死に場所に決めた理由の一つは、庭の桜並木に惹かれたからでした。

埋葬の当日は親族や母の高校時代の同級生、がん患者会の仲間など、約30人が参加しました。
私の大学時代の恩師は「戒名もお坊さんもなし。
芝生の穴の中に入って、ものすごーく自由な感じ」と感激していました。他の参加者からも「すばらしかった」という感想が寄せられ、誰にとっても新しい体験であったことは間違いありません。

今後、桜の花の季節がめぐってくるのが楽しみであり、桜の苗木とともに「ゆるやかな共同体」が育まれていくことも大きな楽しみです。

交通アクセスと地図

東京の桜葬
地図と交通アクセス

町田市真光寺町338-12
042-850-1212
大阪の桜葬
地図と交通アクセス

高槻市大字原1371-12
072-669-9131

新着情報【東京】

町田スタッフ通信・ゆいの風

新着情報【大阪】

高槻スタッフ通信


寄付のお願い

ページ上部へ戻る