樹木葬・桜葬のエンディングセンター(東京・大阪)

 menu 

(契約終了)樹木型墓地『花』

qhm_logo

konnnaohaka01

樹木型墓地

墓地として都道府県知事の許可を得た区域に、石ではなく低木を墓標とし 遺骨を土に還す葬法をとります。

エンディングセンター会員専用のお墓

ご家族のどなたかがNPO法人エンディングセンターの会員であれば、契約できます。

継承者は不要

継承者の有無、宗教の有無、宗派、国籍を問いません。
継承者は不要ですが使用権を継承することができます。

宗教は自由

埋葬のときの法要の形式は自由です。
桜の花が咲く春に、会員が集まって、桜葬メモリアル(合同慰霊祭)を行います。

家族用のお墓として

一区画に4体まで埋葬ができます。ご家族用のお墓としてご利用できます。
またペットの埋葬も可能です。

永続使用

遺骨を埋葬したあと永遠に動かさずそのまま土に還ります。
一定期間後、別の人が使用することもありません。

メモリーが刻まれます。

各区画に設置した銘板にお名前を刻むことができます。

管理費不要

毎年の管理費の負担はありません。
ただし使用者が存命中はNPO法人エンディングセンターの年会費が必要です。
会費は、エンディングセンターの運営費として、桜葬メモリアルや、講座、シンポジウムなどを開催するほか、葬送の生前準備などに関するご相談への対応、会報の発行、郵送費などに使われます。

経営・管理

宗教法人常照寺が経営許可を受け (株)日本墓苑開発センター(町田いずみ浄苑)が管理業務を受託しています。NPO法人エンディングセンターは立会人として、契約までの窓口となります。

価格について

1区画サイズ 使用可能人数 使用料(管理費を含む)
約20×20cm 1体~4体 50万円(2体まで追加費用なし)、3体目以降1体につき追加10万円

※銘板への彫刻料は1名 11,500円+税
※埋葬時には別途埋葬費 20,000円かかります。
※ペットも同様です。

区画図について

kukakuzu01

main_pic03
写真は「バラ区画」

樹木型墓地「花」の日々のアルバム

album02
縁石の内側にも可憐な花が植えられています。
album01
こちらは「バラ区画」数種類のバラが綺麗に咲いています。
名を刻む名盤は縁石の側面です。
側面のくぼみに置かれた長方形のお皿の様な石は、お線香台です。
album03-2
献花用の花入れが常設されています。ご自由にお使いいただけます。
album04
緑の芝エリアが埋葬区画です。手を伸ばせば届くので、触れて語りかけることもできますね。
album05
一辺がおよそ2m×4m。高さは腰より少し高いくらい(60㎝~90㎝)です。

交通アクセスと地図

東京の桜葬
地図と交通アクセス

町田市真光寺町338-12
042-850-1212
大阪の桜葬
地図と交通アクセス

高槻市大字原1371-12
072-669-9131

新着情報【東京】

町田スタッフ通信・ゆいの風

新着情報【大阪】

高槻スタッフ通信


寄付のお願い

ページ上部へ戻る